長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


脊椎分離症・すべり症

腰痛の特徴
●腰まわりの鈍い痛み
●長時間の立位や労作のあとに痛みが強くなる
●後ろに反ると痛い


✍ずれた骨が神経を刺激すると脚にも症状が現れる
脊椎分離症(せきついぶんりしょう)・すべり症では、椎骨の前と後ろをつなぐ部分が離れたり(分離)、椎骨の並びがずれたり(すべり)して、不安定になり、神経を刺激して腰痛を起こします。


●脊椎分離症
脊椎分離症は、椎骨の関節突起の間が離れているもので、第5腰椎に多く起こります。
先天的な分離もありますが、ほとんどは少年期にスポーツなどで負荷がかかり続け、疲労骨折が起こったためと考えられています。

青少年期に発症することが多いのですが、過去にスポーツ少年・少女だった人が、中高年になってから発症することもあります。
多くは腰まわりの鈍痛で、長時間立っていたり重労働をすると、痛みが強くなります。


●脊椎すべり症
脊椎すべり症は、椎体部の並びがずれてしまうものです。腰椎は横からみるとゆるやかなカーブを描いて並んでいますが、何らかの原因で支えきれなくなると、ずれてしまうのです。
特に第4、第5腰椎が前方にずれることが多く、すべりが大きくなって神経が圧迫されると、腰痛ばかりでなく脚の痛みやしびれが現れます。
背中にくぼみが生じることもあります。

脊椎すべり症には、脊椎分離から起こる「分離すべり症」と、老化によって起こる「変性すべり症」があります。
脊柱管狭窄症はしばしばこの変性すべり症から起こります。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ