長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛の特徴
●脚の痛み、しびれを伴う
●歩いているうちに痛みが強くなり、長く歩けない
●前かがみになると楽になる


✍背骨の中の神経の通り道が狭くなって起こる
背骨の真ん中には、椎骨(ツイコツ)の椎体(ツイタイ)と椎弓(ツイキュウ)の間の孔(椎孔(ツイコウ))が縦に連なってできる脊柱管(セキチュウカン)が貫き、その中を神経が通っています。
腰部の脊柱管が狭くなり、そこを通る神経が圧迫されるのが「腰部脊柱管狭窄症(ヨウブセキチュウカンキョウサクショウ)」で、中高年の腰部疾患の大きな問題となっています。

というのも、脊柱管狭窄症には生まれつき脊柱管が狭いという素因も関係しますが、加齢とともに、腰椎症、変性すべり症、変性側わん症などの脊柱管を狭くする要因が加わるためです。

腰椎の最上部から下の脊柱管には、馬尾と呼ばれる神経の束と神経根が通っています。
脊柱管狭窄症は、どこで神経が圧迫されているかにより、神経根型、馬尾型、混合型に分類できます。


✍脚の痛みやシビレで歩けなくなる「間欠跛行(カンケツハコウ)」が特徴
脊柱管狭窄症で起こる腰痛は慢性腰痛で、脚の痛みやシビレを伴います。

神経根型では、多くは片側の神経根が圧迫され、症状も片側に現れます。
坐骨神経痛といわれる、腰から脚へ走るような痛みが中心です。

馬尾型では、多くの神経が圧迫されるため、広い範囲に多様な症状が現れます。
脚の症状も両側に起こり、痛みよりシビレや脱力感が中心になります。
臀部や会陰部の異常感覚が起こったり、重症になると、排尿の異常などが現れることもあります。

神経根型と馬尾型が合併した混合型では、両方の症状が現れます。

どのタイプにも現れる特徴的な症状が「間欠跛行(カンケツハコウ)」です。
これは、ある時間歩いていると脚に痛みやシビレ、脱力感が起きて歩けなくなるが、しばらく休むとまた歩けるようになるというものです。
神経根型では主に痛みのために、馬尾型ではシビレや脱力感のために歩き続けることができなくなります。
馬尾型の場合は、歩くと尿意を催したり、男性では勃起状態が起こることもあります。

いずれも症状は腰を反らせるとひどくなり、前かがみの姿勢をとると軽くなります。
これは、脊柱管の広さが姿勢によって変わるためです。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ