長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


変形性股関節症(へんけいせい・こかんせつしょう)

変形性股関節症レントゲン.jpg

変形性股関節症では軟骨の摩耗、炎症、骨破壊が起こる

変形性股関節症と耳にすることはあっても、どんな病態か理解できていない人も多いです。

一般的に変形性股関節症は、関節軟骨の摩耗や変形が起こり、滑膜の炎症や骨の破壊なども加わり、股関節がさまざまな変化をきたす病気です。

変形性股関節症は加齢や肥満、スポーツでの繰り返す過度な負担などに起因するものや、先天性疾患に起因するものもあります。


変形性股関節症は4つの病期に分けられます


変形性股関節症はレントゲン所見で、前股関節症、初期股関節症、進行期股関節症、末期股関節症の4つの病期に分けられます。

変形性股関節症の病期.jpg

前股関節症では、股関節の臼蓋の被りがやや少ないものの軟骨は正常に保たれ、痛みはまだありません。

初期股関節症では、軟骨の磨り減りによる、関節の隙間の部分的な狭小化が確認できるようになります。

また体重の負担がかかる部分の骨が白く見える骨硬化像も見られ始めます。

日常生活ではイスから立ち上がり時や歩き始めに痛みが出現する様になります。

進行期股関節症では、更に軟骨がすり減って関節の隙間が狭くなります。

骨硬化も更に進み、棘のように見える骨棘や骨の一部が空洞化する骨嚢胞も出現し、増えていきます。

日常生活では運動時だけでなく、安静時にも痛みが出現してきます。

末期股関節症では、関節の隙間が消失して骨棘や骨嚢胞も増え、顕著な関節変形が確認できます。

日常生活では強い痛みに襲われ、痛みをかばう特徴的な歩行が見られるようになります。



股関節痛の原因は股関節痛の原因はいくつもある


股関節の痛みはどこから来るのでしょうか?

変形性股関節症の痛みは、

①摩耗した関節軟骨粉により生じた骨膜炎による痛み

②股関節周囲の筋肉疲労によるだるさや痛み

③関節症が進行した際の軟骨下骨層の破壊や硬化による痛み

④機械的刺激に誘発された骨膜炎症


に分けられます。

①と④は、骨膜炎により、痛みを感じる自由神経終末が刺激されて起こる関節痛です。

②のように筋肉も痛くなります。

変形性股関節症が進行すると、関節は正常な動きができなくなります。

そうなると関節周囲の筋や腱、靭帯にムリな回旋力や牽引力が繰り返しストレスとして加わるため、自由神経終末が刺激されて痛みとして知覚されます。

簡単に言うと、清浄から逸脱した動きにより関節にストレスが加わり、筋肉の痛みを引き起こします。

これは二次的にできた筋肉の痛みをとることと、再び痛みを作らない動作を心がけることで改善することができます。


また軟骨には自由神経終末はありませんので、軟骨自体は痛みを感じません。

軟骨の下の骨の部分や骨髄にかけては神経線維が伸びているので、③はこれらが刺激されて起こる痛みと考えることができます。

この痛みには直接アプローチできませんが、姿勢や歩行を改善することで、関節への負担を減らして対応することができます。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ