長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


神経ブロック注射ってどういうもの?

神経ブロック注射.jpg
病院での腰痛治療の際に行なわれる「ブロック注射」ってどういうもの?
よく聞くけど、実際にはよくわからない方も多いと思います。

まだ一度も経験ない方も、実際に注射をされた方も、詳しくはご存知ないかと思いますので、分かりやすく説明させていただきます。


神経ブロックの概要

麻酔薬の注射で痛みの伝達を遮断する治療
●激しい腰痛、激しい坐骨神経痛に使用される
●効果は個人差が大きい
●効果が見られない場合は、漫然と繰り返さない

局所麻酔薬とステロイド薬を注射する

急性の激しい痛みがあったり、痛み止めの薬を使っても強い痛みがとれないようなときに、注射による「神経ブロック」が用いられます。

局所麻酔薬によって、痛みの伝達を遮断する治療です。


神経ブロックでは、通常、神経を麻痺させる局所麻酔薬と炎症を抑えるステロイド薬を併せて注射します。

一時的に痛みが消えるだけでなく、周囲の炎症が鎮まることで、そのまま症状が治まることもあります。

腰痛・下肢痛の治療では、症状を起こしている神経に直接注射する「神経根ブロック」と神経の周囲(脊柱管内)に薬を注入する「硬膜外ブロック」が主に行なわれます。


神経ブロック.jpg

特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで神経根が圧迫され、脚の痛みやしびれが強くて歩けないようなときには、神経根ブロックが有効といわれています。


神経根ブロックは診断の役割も果たす

神経根ブロックを行うときには、うつ伏せになった姿勢で、医師がX線で位置を確かめながら、神経根に直接針を刺します。


針を刺した神経根の障害によって症状が起きているのであれば、症状と同じところに痛みが再現され、局所麻酔薬を注射すると痛みが消えます。

逆に、注射をしても痛みが軽くならない場合は、原因がその神経にはないと考えられます。

神経根の障害と症状の関係が確認できることから、検査を兼ねて行なわれることもあります。

神経根ブロックを行なうと、有効な場合には劇的に良くなり、数回でほとんど痛みがとれます。

なかには1回で痛みがなくなる人もいます。

ただ効果には個人差が大きく、数日でまた痛くなってしまう人もいます。

数回行なっても効果が上がらないようなら中止した方が良いでしょう。



硬膜外ブロックは外来で簡単に行なえる

硬膜外ブロックは、患部や仙骨部の硬膜外腔に注射をして、神経の周囲に薬を送り込みます。

エックス線で投資する必要がなく、外来で簡単に行えるため、激しい痛みをとるために広く行われています。

椎間板ヘルニアなどで、急性期の坐骨神経痛をやわらげるのに有効とされています。

症状を起こしている神経根がはっきり特定できないような腰痛に行なうことができます。


神経ブロックは、保存療法のなかでは最も強力な鎮痛効果が期待できる治療法ですが漫然と続けても意味がありません。

神経ブロックを何回か行なっても強い痛みがとれない場合には、他の方法を検討することをおすすめします。


ブロック注射にもいろいろある

病院での腰痛治療で「ブロック」と呼ばれる注射(ブロック療法)には多くの種類がありますが、大きくは次の三つに分けられます。
神経そのものに行なうもの(神経根ブロックなど)
硬膜外ブロック
局所ブロック
押すと痛いところに局所麻酔薬を注射する「トリガーポイント注射」もよく行なわれていますが、これは局所ブロックに当たるものです。

筋肉の緊張をとるとされますが、一時的なもので、麻酔薬が効いている間は痛みを感じなくなりますが、薬がきれればまた痛くなります。


神経ブロックを行なってはいけない人

●感染のある人(椎間板炎)
●出血傾向のある人
●抗凝固薬を使っている人
●血友病のある人

はブロック注射を行なえません。


合併症の可能性

医療行為であり、身体に傷をつけ注入するのですから、リスクはゼロということではありません。
  • 感染
  • 疼痛性ショック
  • 局所麻酔薬の急性中毒
  • 神経損傷
  • 麻痺、疼痛の増強
  • 造影剤アレルギー(神経根ブロックで造影剤を使う場合)
等がありますが、発症頻度は極々稀といわれています。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ