長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


【ご相談】坐骨神経痛で左のお尻から左足がシビレます。

こんにちは。

腰痛ケアスタジオLines.の山井 恭三郎です。

本日は、坐骨神経痛でお困りの20代の男性のご相談にお答えしていきたいと思います。


ご相談内容


相談坐骨.png

という内容です。


では質問にお答えしたいと思います。

坐骨神経痛で左のお尻から左足にかけてシビレがあるということで、確かに坐骨神経痛の代表的なパターンに当てはまりますね。


sibire.jpg
↑↑↑坐骨神経痛の痛み・シビレのパターン↑↑↑

身体を動かさないと左の腰の少し下の辺りにコリができるということですが、実際に検査をしていないので詳しい場所までは分かりませんが、コリがあるということはその筋肉は疲労物質が溜まっていて固くなっている状態ですので良い状態では無いと思います。

病院でもヘルニアと診断されていますので、背骨(腰椎)に疾患が実際にあるわけですから、根本的に治すとすればある程度の期間を要すると思います。

そもそもヘルニアになるということは、それまで長い間悪い姿勢で生活してきた結果では無いかと私は思います。

蓄積された姿勢のクセは、なかなか取れるものではありません。



改善方法

これだけやればOKというものではありませんが、改善の為には必要なことをお伝えします。

1.整体院、治療院で身体の歪みを矯正してもらう。
坐骨神経痛専門の院もありますので、ご近所で検索してみてください。


2.正しい姿勢を心がける。
当たり前ですが、健康に生活するための基本です。

一生涯意識して欲しいと考えています。


3.セルフケアを続ける。 
テニスボールをコリの部分に当てる方法も間違えると悪化させてしまいます。

コリにグイグイと押し付けるのではなく、気持いいかイタ気持いいくらいの感覚で力を抜いて20秒ほど圧迫します。

コリがフッと柔らかくなる感覚を感じたら、少し位置を変えてまた同じように繰り返します。

こちらの動画を参考にしてみてください。

↓↓↓画像をクリックで動画が再生します↓↓↓

↑↑↑画像をクリックで動画が再生します↑↑↑


こちらのセルフケアも参考にしてみてください。
【坐骨神経痛で6年間苦しんでいた男性を救ったエクササイズとは!?】


ぜひ参考にしてみてください。

まだお若いですので、痛みを引きずらないように今のうちにしっかりと治療をしてください。



本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

皆様に生かされています。

感謝いたします。


あなたのお悩みも聞かせてください。
ご相談は下の[メールでのお問い合わせ]からご連絡ください。



腰痛ケアスタジオLines. 
院長:山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)


0114_large.jpg

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ