長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


【ご相談】腰からふくらはぎにかけての痛み・しびれについて

こんにちは。

腰痛ケアスタジオLines.の山井 恭三郎です。


本日は、腰からふくらはぎにかけての痛み・シビレにお困りの40代の男性のご相談にお答えしていきたいと思います。



ご相談内容


相談しびれ.png
という内容です。


では、質問にお答えしたいと思います。

左側の腰から太ももやふくらはぎにかけて痺れるような感じや痛みがあるとのことなので

坐骨神経図.jpg
こんな感じでしょうか?

痛み・ジビレの感じから坐骨神経痛の状態によく似ていますね。


ただその症状が2日間だけで、その後出ていないとすると腰の背骨(腰椎)の辺りで神経を圧迫する状態があってその後開放されたとも考えられます。

ただ、たまたま出た症状だとしても、普段の姿勢や動作で背骨に負担をかけている状態が多いのだと思います。




再発の防止


ですので、現在シビレ・痛みが出ていないのであれば再発の防止として、まずは普段の姿勢や動作を見直していただき、背骨に負担の少ない姿勢で生活することをオススメいたします。

また整体院や治療院で身体の歪みを矯正してもらうことも考えていただけると更に良いと思います。

症状がいつ出てもおかしくない状態であることは間違いないので、再発する前にしっかりと予防することは時間的にも経済的にも最善の方法だと思います。




再発したら


その上でもし再発したら、まずは医療機関で診察をしてもらってください。

ご自身の身体がどうなっているのか診断していただくことは、とても重要です。


その後は、整形外科では痛み止めが処方されるだけになってしまうかもしれませんので、整体院や治療院で身体を調整してもらうことをオススメ致します。


もちろん普段から正しい姿勢を心掛けてください。




セルフケア


腰痛や坐骨神経痛の改善には、身体の歪みを取り除くことが大切です。

身体の歪みを作っているのは、筋肉のバランスの崩れです。

まずは骨盤周りの筋肉を緩めて上げましょう。

こちらの動画を参考にしてみてください。

ただし以下のことを守ってください。


セルフケアでの注意点

  1. 痛みを我慢して行わない。ストレッチやエクササイズで痛みが出る時は、痛みの出ない範囲で行なうか、その運動は中止してください。
  2. 反動をつけて行わない。グイグイと伸ばしたり、急いで行わないようにしましょう。
  3. 呼吸を止めない。息を吐く時に筋肉は緩みます。素早く吸ってゆっくり長く履くとより効果的です。


画像をクリックで動画が再生します

画像をクリックで動画が再生します


まずは、再発防止を意識して今から行動していただけたらと思います。

わざわざ痛みが出てくるのを待つ必要は無いですよ。




本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。
皆様に生かされています。
感謝いたします。

腰痛ケアスタジオLines.
院長:山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)


ジドリ2.jpeg

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ