長岡市にある信頼できる整体は腰痛ケアスタジオ Lines.-ラインズ-へ。

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐


脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの見分け方

腰に悩む女性.jpg

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は何が違うのか

お尻から太もも、ふくらはぎ、スネ、足先のかけて現れる痛みを坐骨神経痛と呼びます。
 
ただ、坐骨神経痛は病名ではなくお尻から足にかけて現れる痛みの呼称です。
 
坐骨神経痛を引き起こす病気の代表的なもののひとつが椎間板ヘルニアです。
 
比較的若い世代で発症するのが坐骨神経痛の原因として多く見られます。
 
そして高齢になってくると、その原因のほとんどが脊柱管狭窄症になります。
 
 
脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアは病態が異なるため、間違った知識で体操やストレッチを行なうとかえって悪化させてしまいます。
 
そのようなことが起きないように2つの病気を見極めることが大切です。
 

椎間板ヘルニア 

椎間板とは、椎骨(ついこつ)と椎骨の間をつなぐ軟骨のことで、クッションの役割をしています。
 
この軟骨の中心部にはゼリー状の組織がありますが、何らかの理由で椎間板に亀裂が入り、このゼリー状の組織が外に飛び出し、神経を圧迫し、腰痛や坐骨神経痛を引き起こすのが『椎間板ヘルニア』です。
 
椎間板ヘルニア.jpg
椎間板ヘルニアの代表的な症状は、激しい腰の痛みや脚のシビレです。

脊柱菅狭窄症

椎骨の前側に当たる椎体と背中側に当たる椎弓の間にある神経の通り道が脊柱管となります。

その脊柱管が腰椎の変形等で狭くなり、そこを通る太い神経である脊髄を圧迫するのが『脊柱菅狭窄症』です。
脊柱管断面図.jpg
腰のあたりの脊柱管には、脊髄から枝分かれした多数の神経の束(馬尾(ばび))が通っています。

脊髄も馬尾も、生命活動の中枢となる重要な神経ですが、脊柱菅狭窄症はその大切な神経が圧迫されることで起こる病気です。

脊柱管が狭まってしまうのは、骨や軟骨、靭帯などが加齢によって変化するためです。これらの変化は自然な生理現象です。

つまり、脊柱管狭窄症は歳を重ねれば誰もが発症する可能性があるのです。

脊柱菅狭窄症の特徴的な症状が、歩いていると脚に痛みやしびれ、脱力感が起こり、しばらく休むと楽になり、また歩けるようになるという「間欠性跛行」というものです。



脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの見分け方

2つの病気を見極める目安は、立った姿勢で前屈と後屈をすることです。
 
前屈のほうが楽だったり症状が和らぐなら脊柱管狭窄症の疑いがあります、反対に後屈のほうが楽だったり症状が和らぐなら椎間板ヘルニアが疑われます。
 狭窄症見分け方.jpg
脊柱管狭窄症の場合、前屈によって脊柱管が広がり神経の圧迫が少なくなるため、痛みが和らぐのです。

前屈、後屈をする際は、急激に曲げたり反ったりしないで、ゆっくりと行うようにしましょう。また、転倒にも十分気をつけてください。

ただし、この検査はご自身で行う簡易的なものであり、100%断定できるものではありません。

詳しくは整形外科等でレントゲンやMRIの画像診断を元に医師が診断するものとなります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

腰痛ケアスタジオ Lines.‐ラインズ‐のご案内

住      所:
〒940-0053 新潟県長岡市長町2-2-18―101
アクセス:
旧立川総合病院さまより徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0258-84-7674
施術受付時間:
9:30~17:00(電話受付時間8:30~20:00)
定休日:
日曜・祝日、年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ